読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xamarin 日本語情報

Xamarin(ザマリン) の代理店だったエクセルソフト田淵のブログです。主に Xamarin に関するエントリーをアップしていきます。(なるべく正しい有益な情報を掲載していきたいと考えていますが、このブログのエントリーは所属組織の公式見解ではありませんのでご注意ください)

Xamarin で iOS Storyboard プロジェクトを作りローカライズする

iOS アプリの開発は、Mac 推奨な感じがします。Xamarin Studio で Storyboard プロジェクトを作成し、Xcode で Storyboard を編集し、Xamarin Studio でコードを書く。

Visual Studio で開発できるというの魅力的ですが、iOS アプリを開発する場合に限っては、Windows マシン、Mac マシン両方が必要で行ったり来たりするのが大変なのと、Storyboard を使用した開発が出来ないので、UI をコードで書くのも大変かと思います。

Xamarin Studio / Xcode で Storyboard を使った開発は、

Introduction to Storyboards | Xamarin (英語)

をご参照ください。

 

後はローカライズですが、Xamarin のサイトに情報が無いっぽいです。

手探りですが… iOS アプリのローカライズ手順を調べましたのでエントリーとして残します。

Android 版のローカライズ方法は こちら をご参照ください。

 

  1. Mac の Xamarin Studio で Storyboard プロジェクトを作成します。
  2. MainStoryboard.storyboard をダブルクリックして Xcode を開きます。適当に Object を追加し、右側の Localize ボタンをクリックして、English を追加します。
    f:id:ytabuchi:20131220195316p:plain
  3. Base と English にチェックがあり、Localizable Strings になってることを確認してください。(Xcode 5.x は Localizable Strings を使用しますが、Xcode 4.x では Interface Builder Cocoa Touch Storyboard みたいなので Localizable Strings に変更しましょう。)

    f:id:ytabuchi:20131220195913p:plain

  4. Xcode でプロジェクトの設定を開き、Target を Project に変更し、Localizations で Japanese を追加します。

    f:id:ytabuchi:20131220200350p:plain

    f:id:ytabuchi:20131220200803p:plain

  5. Xamarin Studio に戻ると Xcode での変更が反映され、ja.lproj/MainStoryboard.strings が出来ていますので、翻訳します。プロパティが BundleResource になっていないとリソースが取り込まれないようです。

    f:id:ytabuchi:20131220201008p:plain

これで、iOS の言語が英語の場合は en.lproj、日本語の場合は ja.lproj のリソースが読み込まれます。

f:id:ytabuchi:20131220203232p:plain

多分合ってます。

 

他にも Outlet を登録して Property を修正しても出来るようです。