読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xamarin 日本語情報

Xamarin(ザマリン) の代理店だったエクセルソフト田淵のブログです。主に Xamarin に関するエントリーをアップしていきます。(なるべく正しい有益な情報を掲載していきたいと考えていますが、このブログのエントリーは所属組織の公式見解ではありませんのでご注意ください)

Xamarin.Forms で Amazon Product Advertising API を使うには - アクセスキー生成〜接続確認

こんにちは。エクセルソフトの田淵です。

ytabuchi.hatenablog.com

でね、私も Tシャツ欲しいなと思いまして。Tシャツを貰える基準が分からなかったので、それならばと ISBN を打ち込んで(または Scan して)、取り込んだ ISBN から本の名前とかを引っ張って Azure に登録するアプリ作ってみようかなと思いました。AmazonProduct Advertising API を使用すると実現できますので、その利用方法を紹介します。

2016/7/21 時点での情報と画面写真です。変わる可能性もありますのでご注意ください。

Amazon Product Advertising API について

Amazonウェブサイトにトラフィックをドライブし、Amazonウェブサイト上の商品およびサービスの販売を誘導することを主な目的としている場合、ならびに以下のライセンス契約に記載されている要件を満たしている場合に限りのみご利用可能なサービスです。

とのことです。以下をご参照ください。

Amazon.co.jp Product Advertising API ライセンス契約

事前準備

API を使用するのに必要なものは

です。Amazon アソシエイトと AWS のアカウントは別々にアクティベートしないといけなさそうです。

まずは Amazon アソシエイトプログラムを使用していない方は Product Advertising API にアクセスして、アカウントを作成しましょう。

アカウントの作成方法は公式ヘルプ Amazon アソシエイト(アフィリエイト) - ヘルプ をご参照ください。出来たかどうか?は コチラ で確認できます。

次に Product Advertising API のページ

f:id:ytabuchi:20160721112329p:plain:w450

にアクセスし、[こちらのリンク]をクリックします。

f:id:ytabuchi:20160721112629p:plain:w450

こんな画面が出てきたら[セキュリティ認証に進む]をクリックします。(IAM ユーザー認証というのを使用すると AWS 本体自体はよりセキュアに管理できるようですが、Product Advertising API はまだサポートしていないそうです)

この画面にいけずに、AWS のアカウントが必要だよと言われる場合は、次のリンクを参考にアカウントを作成してください。

AWS アカウント作成の流れとポイント | AWS

[アクセスキー]セクション内の[新しいアクセスキーの作成]ボタンで[アクセスキー ID]を作りましょう。

f:id:ytabuchi:20160721120402p:plain:w450

作成すると次の画面がでますので、[アクセスキーを表示]するか[キーファイルのダウンロード]ボタンをクリックして アクセスキーID (AWSAccessKeyId)シークレットアクセスキー (AWSSecretKey) を入手してメモしておきます。

f:id:ytabuchi:20160721125950p:plain:w450

シークレットキーはこの段階で保存しておかないと後でアクセス出来ないので、必ず保存してください

3つの情報が揃いました。

動作確認

Amazon では ScratchPad を用意してくれているので、正しく問い合わせできるか?を確認してみましょう。

.NET開発テクノロジ入門2016年版Visual Studio 2015対応版

.NET開発テクノロジ入門2016年版Visual Studio 2015対応版

この書籍の管理番号 ISBN-13 は 9784822298616 です。今回はこの ISBN で書籍の情報が取れるかを確認してみます。

Product Advertising API Scratchpad (beta) にアクセスし、[ItemLookup]をクリックします。

API の仕様は Product Advertising API 開発者ガイド (API Version 2010-09-01) - ItemLookup をご参照ください。他の API の仕様も確認できます。

[Common Parameter]セクションで[Marketplace]から 日本 を選びます。

f:id:ytabuchi:20160721131736p:plain:w450

先ほど保存したアソシエイトタグ、アクセスキー、シークレットキーを入力します。

f:id:ytabuchi:20160721133007p:plain:w450

次に[ItemLookup]の[Request parameters]セクションで、[ItemId]に 9784822298616 を入力し、[IdType]から「ISBN」を選択します。[ResourceGourp]はそのままでも大丈夫です。ISBN で問い合わせる場合は、[SearchIndex]に「Books」を指定しないといけないので、[Add a new parameter]から「SearchIndex」を追加して、「Books」を選択します。

f:id:ytabuchi:20160721134611p:plain:w450

[Run Request]ボタンをクリックしてみましょう。

f:id:ytabuchi:20160721140700p:plain:w450

レスポンスが正しく得られれば成功です。

この後は

リクエスト URL は署名する必要があります。次のエントリーではこの署名の方法について紹介します。以下ご参照ください。

ytabuchi.hatenablog.com

Xamarin 気になった方は

是非 ダウンロード して触ってみてください。Visual Studio 2015 をご利用の方は Update 3 にアップデートする際にカスタムインストールで Xamarin を追加しましょう。 学習用リソースJXUG リンクページ に参考資料を纏めてますので併せてどうぞ。

Xamarin の導入支援サービスを始めました。ベースは基本的なアプリを一緒に作ることで Xamarin を使えるようになって頂く内容ですが、ご要望に応じて講習内容のカスタマイズも可能です。詳しくは田淵までお問い合わせください(^^)

ytabuchi.hatenablog.com

Xamarin の情報が欲しい方はこのブログも購読いただいたり、私のTwitterアカウントをフォローいただいたりすると嬉しいです。

私が所属している エクセルソフト の宣伝を少しさせてください。弊社は開発者向けの様々なソフトウェアを扱っています。おなじみの ReSharper (JetBrains)、 や Atlassian の JIRA, Confluence、Office/PDF ファイルを .NET/Java で操作するライブラリ Aspose(アスポーズ)Windows アプリ、Web ページ、iOS/Android アプリの UI テストができる TestComplete などお勧めです(^^) また、Visual Studio Professional/Enterprise with MSDN も販売してますし、日本で売っていない海外のソフトウェア、開発ツールなどを弊社経由で日本円で購入頂くことも可能です。ご興味あれば 弊社ページ を覗いてみてください。

以上です。