読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xamarin 日本語情報

Xamarin(ザマリン) の代理店だったエクセルソフト田淵のブログです。主に Xamarin に関するエントリーをアップしていきます。(なるべく正しい有益な情報を掲載していきたいと考えていますが、このブログのエントリーは所属組織の公式見解ではありませんのでご注意ください)

Visual Studio 2015と2013が混在してると2013でXamarin.Formsを追加できない

こんにちは。エクセルソフトの田淵です。

あれ?マジですか?ということで調べてみました。

結論:Visual Studio 2013でXamarin.Formsのdllが読み込めなくなります

Visual Studio 2015をインストールすると、PCLの.NET 4.5の対象にASP.NET Core 5.0が追加されます。Linuxなどで.NETを動かすサブセットですね(のはず…)。.NET 4.5にチェックが入っていると強制でチェックされます。つまり必ず入る。とw

f:id:ytabuchi:20151110182923p:plain:w300

で、Visual Studio 2015をインストールするとこれが追加され、Visual Studio 2013でXamarin.Formsを追加しようとすると、対象OSにdnxcore50が追加されていてインストールできない。と怒られます。

f:id:ytabuchi:20151110182448p:plain:w300

パッケージ 'Xamarin.Forms 1.5.1.6471' をインストールできませんでした。'portable-net45+dnxcore50+win+wp80+MonoAndroid10+xamarinios10+MonoTouch10' を対象とするプロジェクトにこのパッケージをインストールしようとしていますが、そのフレームワークと互換性があるアセンブリ参照またはコンテンツ ファイルがこのパッケージに含まれていません。詳細については、パッケージの作成者に問い合わせてください。

解決策

Visual Studio 2015でプロジェクトにXamarin.Formsをインストールして、Visual Studio 2013で編集する。

です。何とも寂しい感じですが今のところはこれが簡単です。またはVisual Studio 2015をアンインストールです。。

こんな記事で気になるのかよ?と思いますが、、、

Xamarin 気になった方は

是非 ダウンロード(直接) / ダウンロード(弊社経由) して触ってみてください。 学習用リソースJXUG リンクページ に参考資料を纏めてますので併せてどうぞ。

Xamarin の情報が欲しい方はこのブログも購読いただいたりすると嬉しいです。

以上です。