読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xamarin 日本語情報

Xamarin(ザマリン) の代理店だったエクセルソフト田淵のブログです。主に Xamarin に関するエントリーをアップしていきます。(なるべく正しい有益な情報を掲載していきたいと考えていますが、このブログのエントリーは所属組織の公式見解ではありませんのでご注意ください)

iOS Simulator の保存場所について

Xamarin.iOS

こんにちは。エクセルソフトの田淵です。

iOS 9 対応版が出たことで Xcode をバージョンアップされた方もいらっしゃるかと思います。Xcode をバージョンアップすると当然ですが iOS Simulator のバージョンも上がり、以前のバージョンの Simulator は使えなくなります。でも、データは残り、HDD 容量を圧迫することになるわけです。

古い iOS Simulator のデータを消したい

iOS Simulator を起動してメニューから Hardware > Devices > Manage Devices をクリックします。

f:id:ytabuchi:20151212134346p:plain:w450

ここで要らない子を右クリックして Delete をクリックすれば消せます。後で作成できるので、ガンガン消してしまっても大丈夫です。

f:id:ytabuchi:20151212134746p:plain:w450

手動で消す場合は ~/Library/Developer/CoreSimulator/Devices/ に移動して、以下の画像のように最新(私はまだ Xcode 7.0 を入れていないので 8.4 ですが) のイメージ以外のフォルダを削除しましょう。

f:id:ytabuchi:20150918134626p:plain:w450

場合によっては 10GB 位容量が空く場合があります。

誤ってデバイスイメージを消してしまった!

慌てずに、Xcode を起動し、Window > Devices から

f:id:ytabuchi:20150918135148p:plain:w300

左下のボタンでデバイスを追加できます。

f:id:ytabuchi:20150918135210p:plain:w450

以上です。