Xamarin 日本語情報

Xamarin(ザマリン) の代理店だったエクセルソフト田淵のブログです。主に Xamarin に関するエントリーをアップしていきます。(なるべく正しい有益な情報を掲載していきたいと考えていますが、このブログのエントリーは所属組織の公式見解ではありませんのでご注意ください)

目次

はじめに

Xamarin (ザマリンと読みます) とは、Gnome, Mono の開発者である Migel de Icaza (ミゲル・デ・イカザ) 氏が立ち上げた企業名であり、C#Android, iOS, Mac のネイティブアプリを作成できる開発ツール郡 (Xamarin.Android*1、Xamarin.iOS*2、Xamarin.Mac*3、Xamarin Studio*4 など) のブランド名です。

2016/4/1 をもって、Visual Studio に付いてくるようになりました。

本ブログは、エクセルソフトの田淵義人が Xamarin に関する様々な情報を記載しています。Xamarin って何だろ?という方、Xamarin についてもっと知りたい。というような開発者の皆様の手助けになれば幸いです。

まだ Xamarin に関する日本語の情報は少ないのが現状ですので、まず手始めにどのような情報を追えばよいのかを纏めておきます。

 

Visual Studio 2017 で Xamarin を使うエントリー書きました。

ytabuchi.hatenablog.com

 

Xamarin とは?

紹介スライド、エントリーなどをご覧ください。

 

qiita.com

書籍

 

コミュニティ

公式コミュニティサイト Japan Xamarin User Group (JXUG) 

facebook User Group

 

各種情報へのリンク

本ブログの主なエントリー

全般
Xamarin.Forms
Xamarin.iOS、Xamarin.Android 記事
Xamarin.Forms TIPS/逆引き
Xamarin.Forms Plugins/ライブラリ
Xamarin.Forms MVVM
Xamarin Test Cloud/Unit Test
BAD KNOW HOW

全記事一覧 - Xamarin 日本語情報

Xamarin.Forms エントリー纏め

 

事例

事例

 

エクセルソフト Xamarin ページ

Qiita

ブログ、連載記事など

 Xamarin 本家の開発者向けの情報(英語)

Xamarin 学習用リソースまとめ でも公式情報を纏めていますので、ご参照ください。

 

Xamarin 気になった方は

是非 ダウンロード(直接) / ダウンロード(弊社経由) して触ってみてください。
学習用リソースJXUG リンクページ に参考資料を纏めてますので併せてどうぞ。

Xamarin の情報が欲しい方はこのブログも購読いただいたりすると嬉しいです。

以上です。

*1:旧 MonoDroid, Mono for Android

*2:旧 MonoTouch

*3:OSS版はMonoMac

*4:OSS 版は MonoDevelop

Connect(); 2017 の Xamarin 関連の発表

こんにちは。エクセルソフトの田淵です。

日本時間で 2017/11/16 0時から開始された Connect(); 2017 のキーノートでの Xamarin 関連の発表をざっと纏めました。

Xamarin からもエントリーが出てますので、詳細は以下をご覧ください。

blog.xamarin.com

Xamarin Live Player

追記:iOS Simulator/Android エミュレーターで動作するようになったみたいですね!

Visual Studio 2017 または Visual Studio for Mac から iOSAndroid にインストールした Live Player アプリにソースコードを送って、リアルタイムで処理して実行する仕組みです。画像をプロジェクトにコピペすると Live Player で参照できたり(? すみません。良く見れてなかった)、どんどん機能も洗練されてきているみたいですね。

仕組みについては以下が詳しいです。

ticktack.hatenablog.jp

.NET Embedding

Xamarin では iOS の Framework や Android の jar と言ったライブラリを C# で包んで Xamarin から使用する Native Embedding という技術があります。今回発表になった .NET Embedding はその逆です。Xamarin で開発した .NET ライブラリを XcodeAndroid Studio から参照できるようにするステキなやつです。

開発中のコードネームは「Embeddinator-4000」。詳細は Xamarin の中の人 @atsushieno さんの以下のスライドをご覧ください。

Visual Studio App Center

Xamarin 関連では今回一番大きな発表かな?今まで Mobile Center と呼ばれていたものが GA して App Center となりました。

に対応していて、ビルド、クラッシュレポート、テスト、Analytics、配布、Push 通知ができるサービスです。

docs.microsoft.com

でドキュメントが公開されています。

今までは Preview だったので無料でしたが、GA したからには有料ですよね…?

価格も出てます。

docs.microsoft.com

なんと、かなりの機能が無料のティアでも使えるようです。(Google 翻訳経由)

  • 無制限のアプリ、無制限の組織、無制限のチーム。
  • クラッシュレポートと Analytics は完全に無料。
  • 組織またはユーザーアカウントごとに1つの同時ビルドパイプライン、およびビルドごとに最大30分。(Bitrise が無料枠だと 1ビルド 10分の制限があったのでかなり緩めです!)
  • 最大5セグメントのユーザーへの Push 通知
  • ユーザーとストアへの無制限配布
  • 無制限の「launch test」(←なんだろう?起動するかのテストは無制限ってことかな?)、無制限のデバイス時間テストの30日間の試用版

www.visualstudio.com

確かに実機デバイスでのテスト(旧 Xamarin Test Cloud)だけが有料で他はかなり無料で使える感じですね。太っ腹!!!!

こんなところでしょうか。

@Fumiya_Kume くんも速報エントリーを書いてくれました。

2017/11/16 追記

Xamarin のブログでも紹介エントリーがありました。

blog.xamarin.com

App Center は期待が膨らみますね!

宣伝

2017/1/20(土) に Mobile Center 改め、App Center に特化した JXUG を開催します!!!

jxug.connpass.com

スケジュールを空けておいてください!お楽しみに!!!

Xamarin 気になった方は

Visual Studio 2017 をインストールして触ってみてください。手順書は こちらのエントリー をご覧ください。 学習用リソースJXUG リンクページ に参考資料を纏めてますので併せてどうぞ。

Xamarin の導入支援サービスを始めました。ベースは基本的なアプリを一緒に作ることで Xamarin を使えるようになって頂く内容ですが、ご要望に応じて講習内容のカスタマイズも可能です。詳しくは田淵までお問い合わせください(^^)

Xamarin 有償トレーニング : XLsoft エクセルソフト

Xamarin の情報が欲しい方はこのブログも購読いただいたり、私のTwitterアカウントをフォローいただいたりすると嬉しいです。

私が所属している エクセルソフト の宣伝を少しさせてください。弊社は開発者向けの様々なソフトウェアを扱っています。おなじみの ReSharper (JetBrains)、 や Atlassian の JIRA, Confluence、Office/PDF ファイルを .NET/Java で操作するライブラリ Aspose(アスポーズ)Windows アプリ、Web ページ、iOS/Android アプリの UI テストができる TestComplete などお勧めです(^^) また、Visual Studio Professional/Enterprise with MSDN も販売してますし、日本で売っていない海外のソフトウェア、開発ツールなどを弊社経由で日本円で購入頂くことも可能です。ご興味あれば 弊社ページ を覗いてみてください。

以上です。

Xamarin 開発の GitIgnore ファイルを見直してみた

こんにちは。エクセルソフトの田淵です。

こんなツイートを見かけたので、そういえば都度変更されるなぁと思い、GitIgnore の設定を調べなおしてみました。

いつも変更されるアレ

f:id:ytabuchi:20171116101228p:plain:w600

個人的ないつもの流れ

今更ですが、GitHub や Git で構成管理をする際にエディタの設定ファイルや OS 固有ファイル、ビルドの生成物などは不要なので無視する設定をします。それが .gitignore ファイルです。

Github の Web から新しくレポジトリを作成する時にも設定できますね。とりあえずファイルを作ってほしいので下の方の「Add .gitignore」で「Visual Studio」を指定してレポジトリを作成します。

f:id:ytabuchi:20171115105216p:plain:w600

作成された直後にファイルを開き、直接編集しちゃいます。鉛筆アイコンの「Edit this file」です。

f:id:ytabuchi:20171115105509p:plain:w600

で、肝心の内容ですが、僕は gitignore.io を活用しています。言語や IDE を列挙して「Create」をクリックすると、GitIgnore ファイルを生成してくれるサービスです。

www.gitignore.io

入力欄に文字を入力すると Intellisense 的にサジェスチョンしてくれますが、以下の言語や IDE、OS などに対応しています。

f:id:ytabuchi:20171115110201p:plain:w600

Xamarin 開発で関わりそうな「macos, xcode, swift, windows, android, jetbrains, visualstudio, xamarinstudio, androidstudio, visualstudiocode」を指定して作成してみました。

f:id:ytabuchi:20171115105720p:plain:w600

発行される URL には上記で列挙した設定が含まれています。こんな感じ

で、肝心の個別設定ですが、Xamarin.Android プロジェクトで自動的に作成される Resource.Designer.cs は含まれていませんでした。

とのことで、Java Android 開発でもリソース管理ファイルは対象外にしているとのことなので、手動で追加します。また、API キーや秘密の情報を入れておくファイル(僕の場合は ApiKeys.csSecrets.cs)なども追加しておきましょう。

### Original ###
ApiKey.cs
ApiKeys.cs
Secret.cs
Secrets.cs
Resource.Designer.cs

を追加しました。

後は、レポジトリを作成した後で .gitignore をこの内容に書き換えましょう。

テスト用のレポジトリはこちらです。

github.com

実際に自動生成されるか?

この設定で Visual Studio 2017 で Xamarin.Android プロジェクトを作成し GitHub に同期、その後 Mac にクローンして Visual Studio for Mac で開いてみました。

f:id:ytabuchi:20171115111719p:plain:w450

Resource.Designer.cs は当然同期されないので .csproj にはプロジェクトのファイルとして指定されているのに存在しないファイルということで赤く表示されています。

f:id:ytabuchi:20171115111951p:plain:w600

Layout を変更してファイルを保存すると、無事自動的に Resource.Designer.cs が作成されました。

f:id:ytabuchi:20171115112028p:plain:w600

問題なさそうですね。既に同期してしまっているプロジェクトは普通に .gitignore を書き換えるだけで良さそうです。

しばらくはこの設定で行きたいと思いますが「自分はこういう設定にしてるよ!」って方がいれば是非コメントなど頂ければ幸いです。

Xamarin 気になった方は

Visual Studio 2017 をインストールして触ってみてください。手順書は こちらのエントリー をご覧ください。 学習用リソースJXUG リンクページ に参考資料を纏めてますので併せてどうぞ。

Xamarin の導入支援サービスを始めました。ベースは基本的なアプリを一緒に作ることで Xamarin を使えるようになって頂く内容ですが、ご要望に応じて講習内容のカスタマイズも可能です。詳しくは田淵までお問い合わせください(^^)

Xamarin 有償トレーニング : XLsoft エクセルソフト

Xamarin の情報が欲しい方はこのブログも購読いただいたり、私のTwitterアカウントをフォローいただいたりすると嬉しいです。

私が所属している エクセルソフト の宣伝を少しさせてください。弊社は開発者向けの様々なソフトウェアを扱っています。おなじみの ReSharper (JetBrains)、 や Atlassian の JIRA, Confluence、Office/PDF ファイルを .NET/Java で操作するライブラリ Aspose(アスポーズ)Windows アプリ、Web ページ、iOS/Android アプリの UI テストができる TestComplete などお勧めです(^^) また、Visual Studio Professional/Enterprise with MSDN も販売してますし、日本で売っていない海外のソフトウェア、開発ツールなどを弊社経由で日本円で購入頂くことも可能です。ご興味あれば 弊社ページ を覗いてみてください。

以上です。

Xamarin.Android でサポートライブラリ 26.0.x を使う際の注意点

こんにちは。エクセルソフトの田淵です。

Xamarin.Forms を最新にする時には、サポートライブラリ群も最新にしたいですよね。Xamarin ネイティブでサポートライブラリを使う場合も同様です。

ところが、Visual Studio for Mac

Could not install package 'Xamarin.Android.Support.Animated.Vector.Drawable 26.1.0.1'. You are trying to install this package into a project that targets 'MonoAndroid,Version=v7.1', but the package does not contain any assembly references or content files

というエラーでインストールができませんでした。

2017年11月現在の最新版は 26.1.0.1 ですが、26.0.x 以上のサポートライブラリは

中の人 が仰っている通り、Android 8.0 の Androgd.jar に依存しているようなので、Android プロジェクトの Target Framework を 8.0(ARI 26)以上に指定してあげればサポートライブラリの最新版を使用できるようになります。

Visual Studio for Mac の場合は、Android プロジェクトのオプションを開き、「ビルド>全般」から「ターゲットフレームワーク」を Android 8.0 (Oreo) に指定します。

f:id:ytabuchi:20171111101217p:plain:w600

.csproj<TargetFrameworkVersion>v8.0</TargetFrameworkVersion> となっていれば OK です。

ちゃんとアップデートできた!

f:id:ytabuchi:20171111102137p:plain:w450

一助になれば幸いです。

Xamarin 気になった方は

Visual Studio 2017 をインストールして触ってみてください。手順書は こちらのエントリー をご覧ください。 学習用リソースJXUG リンクページ に参考資料を纏めてますので併せてどうぞ。

Xamarin の導入支援サービスを始めました。ベースは基本的なアプリを一緒に作ることで Xamarin を使えるようになって頂く内容ですが、ご要望に応じて講習内容のカスタマイズも可能です。詳しくは田淵までお問い合わせください(^^)

Xamarin 有償トレーニング : XLsoft エクセルソフト

Xamarin の情報が欲しい方はこのブログも購読いただいたり、私のTwitterアカウントをフォローいただいたりすると嬉しいです。

私が所属している エクセルソフト の宣伝を少しさせてください。弊社は開発者向けの様々なソフトウェアを扱っています。おなじみの ReSharper (JetBrains)、 や Atlassian の JIRA, Confluence、Office/PDF ファイルを .NET/Java で操作するライブラリ Aspose(アスポーズ)Windows アプリ、Web ページ、iOS/Android アプリの UI テストができる TestComplete などお勧めです(^^) また、Visual Studio Professional/Enterprise with MSDN も販売してますし、日本で売っていない海外のソフトウェア、開発ツールなどを弊社経由で日本円で購入頂くことも可能です。ご興味あれば 弊社ページ を覗いてみてください。

以上です。

Visual Studio 2017 Update 4(15.4)で「依存関係:最高」が選べなくなっている

こんにちは。エクセルソフトの田淵です。

Xamarin.Forms の Android プロジェクトでは、Target バージョンを 7.0 以上にしておけば最新のサポートライブラリを使用できます。

ytabuchi.hatenablog.com

こちらにも記載しました。

ところが、15.4 にアップデートしたところ、「インストールと更新のオプション」の項目がなくなってしまいました。

f:id:ytabuchi:20171110131530p:plain:w450

これでは「依存関係の動作」を「最高」にできません。

f:id:ytabuchi:20171110131816p:plain:w450

当然のように 23.3.0 がインストールされますね…

Workaround

仕方ないので、「更新」のタブからサポートライブラリ全部をチェックしてアップデートしてみました。

f:id:ytabuchi:20171110132314p:plain:w600

f:id:ytabuchi:20171110132349p:plain:w600

うむ。当面はこれで行くしかなさそうですね。

Xamarin 気になった方は

Visual Studio 2017 をインストールして触ってみてください。手順書は こちらのエントリー をご覧ください。 学習用リソースJXUG リンクページ に参考資料を纏めてますので併せてどうぞ。

Xamarin の導入支援サービスを始めました。ベースは基本的なアプリを一緒に作ることで Xamarin を使えるようになって頂く内容ですが、ご要望に応じて講習内容のカスタマイズも可能です。詳しくは田淵までお問い合わせください(^^)

Xamarin 有償トレーニング : XLsoft エクセルソフト

Xamarin の情報が欲しい方はこのブログも購読いただいたり、私のTwitterアカウントをフォローいただいたりすると嬉しいです。

私が所属している エクセルソフト の宣伝を少しさせてください。弊社は開発者向けの様々なソフトウェアを扱っています。おなじみの ReSharper (JetBrains)、 や Atlassian の JIRA, Confluence、Office/PDF ファイルを .NET/Java で操作するライブラリ Aspose(アスポーズ)Windows アプリ、Web ページ、iOS/Android アプリの UI テストができる TestComplete などお勧めです(^^) また、Visual Studio Professional/Enterprise with MSDN も販売してますし、日本で売っていない海外のソフトウェア、開発ツールなどを弊社経由で日本円で購入頂くことも可能です。ご興味あれば 弊社ページ を覗いてみてください。

以上です。

エクセルソフト | ダウンロード | 学習用リソース | JXUG リンクページ | ブログ購読