読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xamarin 日本語情報

Xamarin(ザマリン) の代理店だったエクセルソフト田淵のブログです。主に Xamarin に関するエントリーをアップしていきます。(なるべく正しい有益な情報を掲載していきたいと考えていますが、このブログのエントリーは所属組織の公式見解ではありませんのでご注意ください)

目次

はじめに

Xamarin (ザマリンと読みます) とは、Gnome, Mono の開発者である Migel de Icaza (ミゲル・デ・イカザ) 氏が立ち上げた企業名であり、C#Android, iOS, Mac のネイティブアプリを作成できる開発ツール郡 (Xamarin.Android*1、Xamarin.iOS*2、Xamarin.Mac*3、Xamarin Studio*4 など) のブランド名です。

2016/4/1 をもって、Visual Studio に付いてくるようになりました。

本ブログは、エクセルソフトの田淵義人が Xamarin に関する様々な情報を記載しています。Xamarin って何だろ?という方、Xamarin についてもっと知りたい。というような開発者の皆様の手助けになれば幸いです。

まだ Xamarin に関する日本語の情報は少ないのが現状ですので、まず手始めにどのような情報を追えばよいのかを纏めておきます。

 

Visual Studio 2017 で Xamarin を使うエントリー書きました。

ytabuchi.hatenablog.com

 

Xamarin とは?

紹介スライド、エントリーなどをご覧ください。

 

qiita.com

書籍

 

コミュニティ

公式コミュニティサイト Japan Xamarin User Group (JXUG) 

facebook User Group

 

各種情報へのリンク

本ブログの主なエントリー

全般
Xamarin.Forms
Xamarin.iOS、Xamarin.Android 記事
Xamarin.Forms TIPS/逆引き
Xamarin.Forms Plugins/ライブラリ
Xamarin.Forms MVVM
Xamarin Test Cloud/Unit Test
BAD KNOW HOW

全記事一覧 - Xamarin 日本語情報

Xamarin.Forms エントリー纏め

 

事例

事例

 

エクセルソフト Xamarin ページ

Qiita

ブログ、連載記事など

 Xamarin 本家の開発者向けの情報(英語)

Xamarin 学習用リソースまとめ でも公式情報を纏めていますので、ご参照ください。

 

Xamarin 気になった方は

是非 ダウンロード(直接) / ダウンロード(弊社経由) して触ってみてください。
学習用リソースJXUG リンクページ に参考資料を纏めてますので併せてどうぞ。

Xamarin の情報が欲しい方はこのブログも購読いただいたりすると嬉しいです。

以上です。

*1:旧 MonoDroid, Mono for Android

*2:旧 MonoTouch

*3:OSS版はMonoMac

*4:OSS 版は MonoDevelop

Mac で Xamarin Live Player を触ってみました

こんにちは。エクセルソフトの田淵です。

Windows だと環境構築に時間がかかりそうだったのでまずは Xamarin 使いの鉄板、Mac で試してみました。(Xamarin の主要機能は以前は Mac で最初にリリースされて、こなれてきたら Visual Studio に移植されていたため、Mac で作業する方が圧倒的に品質が良い)

とりあえず、iOSAndroid で試してみましたが、両方とも動かせていませんw Preview だし、いつものことなんですけど、Microsoft として「できるよ!」って大々的に宣伝してこんなにもできないと一般の方はなんだよ!って感じるのかもしれないですねぇ。。

皆さまにおきましては、Visual Studio for Mac のアルファ版や Visual Studio 2017 Preview 版が必要なツールで、使い勝手やエラーが出たら報告してね!というスタンスで公開されているツールである。 ということを十分に理解して、動かなくても泣かない。Forum などにバグ報告をしてあげよう。というくらいの気概で触っていただければと思います。

インストール、使い方などのエントリーは準備中です。

動画撮りました

iOS

接続した瞬間に Visual Studio for Mac 側でエラーが出ているのが気になりますね。実行すると、VisualizationError Foundaion.ModelNotImplementedException が出て Live できていません。

Android

接続までは問題なく、実行すると、Activity だよ。という表示だけで描画がされなかったり、Application クラスが Missing だというエラーで実行出来ていません。

まとめ

道のりは長いかもしれません。暖かく見守っていきましょう。

Xamarin 気になった方は

Visual Studio 2017 をインストールして触ってみてください。手順書は こちらのエントリー をご覧ください。 学習用リソースJXUG リンクページ に参考資料を纏めてますので併せてどうぞ。

Xamarin の導入支援サービスを始めました。ベースは基本的なアプリを一緒に作ることで Xamarin を使えるようになって頂く内容ですが、ご要望に応じて講習内容のカスタマイズも可能です。詳しくは田淵までお問い合わせください(^^)

Xamarin 有償トレーニング : XLsoft エクセルソフト

Xamarin の情報が欲しい方はこのブログも購読いただいたり、私のTwitterアカウントをフォローいただいたりすると嬉しいです。

私が所属している エクセルソフト の宣伝を少しさせてください。弊社は開発者向けの様々なソフトウェアを扱っています。おなじみの ReSharper (JetBrains)、 や Atlassian の JIRA, Confluence、Office/PDF ファイルを .NET/Java で操作するライブラリ Aspose(アスポーズ)Windows アプリ、Web ページ、iOS/Android アプリの UI テストができる TestComplete などお勧めです(^^) また、Visual Studio Professional/Enterprise with MSDN も販売してますし、日本で売っていない海外のソフトウェア、開発ツールなどを弊社経由で日本円で購入頂くことも可能です。ご興味あれば 弊社ページ を覗いてみてください。

以上です。

【メモ】Visual Studio 2017 で UWP プロジェクトの Asset を自動生成するには?

こんにちは。エクセルソフトの田淵です。

タイトル通りです。これで UWP に関してはジェネレーターサイトやアプリを使う必要がなくなりそうです。

やり方

プロジェクトのプロパティから「アプリケーション>パッケージマニフェスト」をクリックするか、直接プロジェクト内の Package.appxmanifest をダブルクリックして開きます。

f:id:ytabuchi:20170509181316p:plain:w600

「ビジュアル資産」のタブに「資産ジェネレーター(Assets Generatorでしょうね)」があるので、推奨されている 400px 以上の画像を「ソース」で指定して「生成」ボタンをクリックするだけです。

f:id:ytabuchi:20170509181121p:plain:w600

これくらいの必要なアイコン類をがーっと作ってくれます。素敵ですね!

f:id:ytabuchi:20170509181138p:plain:w450

なお、「スプラッシュスクリーンの背景」に Hex で色を指定すると、

f:id:ytabuchi:20170509181149p:plain:w600

このようにスプラッシュスクリーンを一色にすることもできます。

f:id:ytabuchi:20170509181203p:plain:w600

UWP アプリを作成される方は使ってみてください♪

Xamarin 気になった方は

Visual Studio 2017 をインストールして触ってみてください。手順書は こちらのエントリー をご覧ください。 学習用リソースJXUG リンクページ に参考資料を纏めてますので併せてどうぞ。

Xamarin の導入支援サービスを始めました。ベースは基本的なアプリを一緒に作ることで Xamarin を使えるようになって頂く内容ですが、ご要望に応じて講習内容のカスタマイズも可能です。詳しくは田淵までお問い合わせください(^^)

Xamarin 有償トレーニング : XLsoft エクセルソフト

Xamarin の情報が欲しい方はこのブログも購読いただいたり、私のTwitterアカウントをフォローいただいたりすると嬉しいです。

私が所属している エクセルソフト の宣伝を少しさせてください。弊社は開発者向けの様々なソフトウェアを扱っています。おなじみの ReSharper (JetBrains)、 や Atlassian の JIRA, Confluence、Office/PDF ファイルを .NET/Java で操作するライブラリ Aspose(アスポーズ)Windows アプリ、Web ページ、iOS/Android アプリの UI テストができる TestComplete などお勧めです(^^) また、Visual Studio Professional/Enterprise with MSDN も販売してますし、日本で売っていない海外のソフトウェア、開発ツールなどを弊社経由で日本円で購入頂くことも可能です。ご興味あれば 弊社ページ を覗いてみてください。

以上です。

【レポ】Open discussion for .NET in TOKYO #1 に JXUG として共催しました

こんにちは。エクセルソフトの田淵です。

eventdots.jp

に JXUG として共催しました。

会の趣旨

.NETでディスカッション主体のイベントを開催します!!

  • 近年の.NET界隈のオープンプラットフォーム化に合わせて、.NETに関するオープンで深い議論が出来る場を作りたいと考えて、本会を開催することにしました。
  • .NET界隈でメジャーな5つのコミュニティが集まり、アンカンファレンスに似た形式で、ディスカッション主体のイベントを楽しみましょう!!

ということで、Japan Xamarin User Group(JUXG)も入れていただきました。メジャーと言ってもらえて嬉しいですw

トピック

JXUG ブースでは以下のトピックについて話しました。

  • Xamarin.FormsとXamarinネイティブ、どっちを選ぶ?
  • Xamarinで効果的なアーキテクチャ、ライブラリはなに?
  • 人材確保、人材育成をどうすべきか?
  • Xamarinが広まるにはどうすれば良いと思う?

けっこう面白い話が出来たのではないかと思います。で、録音したのがありますので、ご興味のある方はダウンロードしてみてください。

www.dropbox.com

Xamarin 気になった方は

Visual Studio 2017 をインストールして触ってみてください。手順書は こちらのエントリー をご覧ください。 学習用リソースJXUG リンクページ に参考資料を纏めてますので併せてどうぞ。

Xamarin の導入支援サービスを始めました。ベースは基本的なアプリを一緒に作ることで Xamarin を使えるようになって頂く内容ですが、ご要望に応じて講習内容のカスタマイズも可能です。詳しくは田淵までお問い合わせください(^^)

Xamarin 有償トレーニング : XLsoft エクセルソフト

Xamarin の情報が欲しい方はこのブログも購読いただいたり、私のTwitterアカウントをフォローいただいたりすると嬉しいです。

私が所属している エクセルソフト の宣伝を少しさせてください。弊社は開発者向けの様々なソフトウェアを扱っています。おなじみの ReSharper (JetBrains)、 や Atlassian の JIRA, Confluence、Office/PDF ファイルを .NET/Java で操作するライブラリ Aspose(アスポーズ)Windows アプリ、Web ページ、iOS/Android アプリの UI テストができる TestComplete などお勧めです(^^) また、Visual Studio Professional/Enterprise with MSDN も販売してますし、日本で売っていない海外のソフトウェア、開発ツールなどを弊社経由で日本円で購入頂くことも可能です。ご興味あれば 弊社ページ を覗いてみてください。

以上です。

Xamarin.Forms の Android プロジェクトで最新のサポートライブラリを使用するには

こんにちは。エクセルソフトの田淵です。

すでに皆さんご存知かもしれないのですが、先ほど、初めて知りましたのでメモとして残します。

www.nuget.org

Xamarin.Forms のサイトには、依存関係として以下が記載されています。

Dependencies

MonoAndroid 1.0
Xamarin.Android.Support.Design (= 23.3.0)
Xamarin.Android.Support.v4 (= 23.3.0)
Xamarin.Android.Support.v7.AppCompat (= 23.3.0)
Xamarin.Android.Support.v7.CardView (= 23.3.0)
Xamarin.Android.Support.v7.MediaRouter (= 23.3.0)

MonoAndroid 7.0
Xamarin.Android.Support.Design (>= 23.3.0)
Xamarin.Android.Support.v4 (>= 23.3.0)
Xamarin.Android.Support.v7.AppCompat (>= 23.3.0)
Xamarin.Android.Support.v7.CardView (>= 23.3.0)
Xamarin.Android.Support.v7.MediaRouter (>= 23.3.0)

MonoAndroid 1.0(=通常のプロジェクト)だと、サポートライブラリは 23.3.0 固定ですが、MonoAndroid 7.0(=API 24以上を Target Framework にしているプロジェクト)だと >= 23.3.0 なので、最新のサポートライブラリが使用できます。

インストールするには?

条件である MonoAndroid 7.0 は、Android プロジェクトのプロパティが次のような状態の場合です。

f:id:ytabuchi:20170428193817p:plain:w450

一番上が Target Framework なので、これを 7.0 以上で指定するか、7.0 以上の SDK、Build Tools がインストールされている状態で「最新のプラットフォームを使用する」にしておけば、プロジェクトの Target Framework は 7.0 になります。

ただ、普通に Visual Studio からインストールすると、

f:id:ytabuchi:20170428194035p:plain:w450

このように 23.3.0 がインストールされます。なんで??と思っていたら理由が分かりました。

f:id:ytabuchi:20170428194203p:plain:w600

Xamarin.Forms のインストール時の「オプション」の中の「依存関係の動作」が「最低」となっています。これを「最高」にしましょう。

そうすると、以下のように現在の最新版 25.3.1 がインストールされます。

f:id:ytabuchi:20170428194841p:plain:w600

最新版を使用したい方は、「最高」にして Xamarin.Forms をインストールしてみてください!

Xamarin Studio の場合は?

すみません。後で調べます。

Xamarin 気になった方は

Visual Studio 2017 をインストールして触ってみてください。手順書は こちらのエントリー をご覧ください。 学習用リソースJXUG リンクページ に参考資料を纏めてますので併せてどうぞ。

Xamarin の導入支援サービスを始めました。ベースは基本的なアプリを一緒に作ることで Xamarin を使えるようになって頂く内容ですが、ご要望に応じて講習内容のカスタマイズも可能です。詳しくは田淵までお問い合わせください(^^)

Xamarin 有償トレーニング : XLsoft エクセルソフト

Xamarin の情報が欲しい方はこのブログも購読いただいたり、私のTwitterアカウントをフォローいただいたりすると嬉しいです。

私が所属している エクセルソフト の宣伝を少しさせてください。弊社は開発者向けの様々なソフトウェアを扱っています。おなじみの ReSharper (JetBrains)、 や Atlassian の JIRA, Confluence、Office/PDF ファイルを .NET/Java で操作するライブラリ Aspose(アスポーズ)Windows アプリ、Web ページ、iOS/Android アプリの UI テストができる TestComplete などお勧めです(^^) また、Visual Studio Professional/Enterprise with MSDN も販売してますし、日本で売っていない海外のソフトウェア、開発ツールなどを弊社経由で日本円で購入頂くことも可能です。ご興味あれば 弊社ページ を覗いてみてください。

以上です。