読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xamarin 日本語情報

Xamarin(ザマリン) の代理店だったエクセルソフト田淵のブログです。主に Xamarin に関するエントリーをアップしていきます。(なるべく正しい有益な情報を掲載していきたいと考えていますが、このブログのエントリーは所属組織の公式見解ではありませんのでご注意ください)

Connect(); // 2016 初日キーノートの私的レポート

こんにちは。エクセルソフトの田淵です。

Connect(); // 2016 にサポートメンバー(ガヤ)として、Xamarin.Mac の人こと @ailen0ada さんとオンラインで開催された基調講演ライブ中継イベントに参加してきました。

こちら

で録画のビデオを見ることができます。貴重な体験をありがとうございました。

以下、録画のスクリーンショットを見ながら私なりの感想とちょっとした解説をしていきます。

f:id:ytabuchi:20161117161738p:plain:w450
溢れ出るガヤ感

f:id:ytabuchi:20161117161844p:plain:w450
Xamarin エバンジェリストの Jamees Montemagno さんが出てきてデモを開始。Xamarin.Forms の XAML に直接 Segmented Control を埋め込んだ Native Embedded の様子。

f:id:ytabuchi:20161117162015p:plain:w450
コントロールの可視化ツール、Xamarin Inspector の紹介

f:id:ytabuchi:20161117162142p:plain:w450

f:id:ytabuchi:20161117162258p:plain:w450
Visual Studio for Mac Preview キタ!

Visual Studio for Mac Preview は

www.visualstudio.com

からダウンロードできます。Xamarin Studio Stable が入った環境にも普通にインストールできています。

f:id:ytabuchi:20161117170455p:plain:w450
こんな感じ!ソリューションペインが右側に来ているのとか、オプションの Auto Complete が IntelliSnese になってるとか、デフォルトのコード規約が Visual Studio に準拠したものになっているとか、何よりアイコンが感慨深いですね。

f:id:ytabuchi:20161117171149p:plain:w450

Visual Studio Mobile Center

f:id:ytabuchi:20161117162335p:plain:w450
Visual Studio Mobile Center が発表されました!

Hockey App、Visual Studio Team Services、Xamarin Test Cloud、Xamarin Insights などが一つのブランドになった感じでしょうか。一気通貫でビルド、テスト、署名、配布、テレメトリなどが使えるようです。現在は、招待制ですので、

mobile-center.typeform.com

から申し込みをしておきましょう。

まだ使えないので、James さんのデモ画面を中心にどのようなものか考察してみます。

f:id:ytabuchi:20161117162922p:plain:w450
ログイン画面。GitHub が上。

f:id:ytabuchi:20161117163015p:plain:w450
新規にアプリを登録する場合は、iOS/AndroidJava/Swift/Objective-C なのか React Native なのか Xamarin なのか開発言語を選べる模様。

f:id:ytabuchi:20161117163611p:plain:w450
GitHub に接続して、ビルドするレポジトリを選択。

f:id:ytabuchi:20161117163642p:plain:w450
リリースを選択。

f:id:ytabuchi:20161117163754p:plain:w450
Xamarin Test Cloud でテストするかを選択。

f:id:ytabuchi:20161117163835p:plain:w450
配布先を選択。

f:id:ytabuchi:20161117164014p:plain:w450
XTC でのテスト結果。

f:id:ytabuchi:20161117164057p:plain:w450
テスト結果の画面写真一覧。

f:id:ytabuchi:20161117164149p:plain:w450
配布先を選択。

f:id:ytabuchi:20161117164325p:plain:w450

f:id:ytabuchi:20161117164349p:plain:w450
エラーログ、利用地域や利用情報のテレメトリ

このように、一つのサービスで全部できるようになるようです。楽しみですね。

さて、この後 James 退場。暫く脇に引っ込んで待機です。

1時間ちょっとしたでしょうか。Miguel 来た!!!!!!

f:id:ytabuchi:20161117164613p:plain:w450
Miguel

Xamarin ネイティブ (Xamarin.iOS) のプロジェクトと .NET Core の ASP.NET Web API プロジェクトを一つのソリューションで構築し、localhost:5000 にデプロイした APIiOS アプリ両方がデバッグできることをデモしていました。すごい。

Azure Tools も見えてましたが、それは別のエントリーでご紹介しますね。

ということで、Miguel が退場し、JXUG チームの出番は終了です。(この後 Xamarin.Forms for Tizen で再度ガヤりますが、省略しますw)

Keynote 1日目全体のまとめは、いつものように

Microsoft Connect(); // 2016 Day 1 Keynotebuchizo.wordpress.com

をご覧ください。

今日の夜が技術セッションですので、より詳しい話が聞けると思います。

connectevent.microsoft.com

みんな見ましょうね(^^)

お疲れ様でした。

中継現場で頑張った皆さま、中継を見てくださった皆さま、夜遅くまでお疲れさまでした!

Xamarin 気になった方は

是非 ダウンロード して触ってみてください。Visual Studio 2015 をご利用の方は Update 3 にアップデートする際にカスタムインストールで Xamarin を追加しましょう。 学習用リソースJXUG リンクページ に参考資料を纏めてますので併せてどうぞ。

Xamarin の導入支援サービスを始めました。ベースは基本的なアプリを一緒に作ることで Xamarin を使えるようになって頂く内容ですが、ご要望に応じて講習内容のカスタマイズも可能です。詳しくは田淵までお問い合わせください(^^)

有償セミナー、トレーニング | Xamarin : XLsoft エクセルソフト

Xamarin の情報が欲しい方はこのブログも購読いただいたり、私のTwitterアカウントをフォローいただいたりすると嬉しいです。

私が所属している エクセルソフト の宣伝を少しさせてください。弊社は開発者向けの様々なソフトウェアを扱っています。おなじみの ReSharper (JetBrains)、 や Atlassian の JIRA, Confluence、Office/PDF ファイルを .NET/Java で操作するライブラリ Aspose(アスポーズ)Windows アプリ、Web ページ、iOS/Android アプリの UI テストができる TestComplete などお勧めです(^^) また、Visual Studio Professional/Enterprise with MSDN も販売してますし、日本で売っていない海外のソフトウェア、開発ツールなどを弊社経由で日本円で購入頂くことも可能です。ご興味あれば 弊社ページ を覗いてみてください。

以上です。