読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xamarin 日本語情報

Xamarin(ザマリン) の代理店だったエクセルソフト田淵のブログです。主に Xamarin に関するエントリーをアップしていきます。(なるべく正しい有益な情報を掲載していきたいと考えていますが、このブログのエントリーは所属組織の公式見解ではありませんのでご注意ください)

iOS のアプリアイコンを Asset Catalog で設定するには

Xamarin Xamarin.iOS

こんにちは。エクセルソフトの田淵です。

shunsukekawai.hatenablog.com

Visual Studio の Xamarin.Forms のテンプレートで作成する iOS アプリの info.plist は Asset Catalog を使っておらず、かつ、iPad Pro 用の Icon-App-83.5x83.5@2x.png や、iPhone 6 用の Icon-App-60x60@3x.png なども設定できません。そして GUI で Info.plist を編集すると手動で設定したこれらのアイコンが消されてしまうようです。辛いですね。

f:id:ytabuchi:20161013174904p:plain:w450

Asset Calalog を使う

これを回避するには、Asset Catalog を使いましょう。

iOS プロジェクトの[Asset Catalogs]を右クリックして、[Add Asset Catalog]をクリックします。

f:id:ytabuchi:20161013175116p:plain:w450

ダイアログで任意の名前で Asset Catalog を作成します。

f:id:ytabuchi:20161013175211p:plain:w450

後は各サイズのアイコンを用意して指定していけば OK です。

f:id:ytabuchi:20161013181425p:plain:w450

こんな感じ。透過イメージってアイコン背景黒くなるんでしたっけ?(画像が良くないのかも…)

f:id:ytabuchi:20161013181944p:plain:w300

詳しくは

developer.xamarin.com

をご覧ください。

アイコンを用意するには

で、アイコンを用意するのは大変なので、私はこちらの Web サービスを使用しています。

makeappicon.com

2,000*2,000 以上の画像を用意して生成すると、iOS/Android の画像が自動的に出来上がります。

f:id:ytabuchi:20161013181057p:plain:w450

使用するファイルは Contents.json に記載されていて、このサービスを使用しても同じ形式の Contents.json ファイルが出来上がります。

これはコピーすれば一発で指定できて勝ちじゃね?と思ったのですが、

f:id:ytabuchi:20161013181742p:plain:w450

Unknown のイメージが大量に記録され、Content.json の中身も上書きしたのに書き換わりません。謎です。仕様と上書き方法をご存じの方はコメントや@いただけると嬉しいです。