読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xamarin 日本語情報

Xamarin(ザマリン) の代理店だったエクセルソフト田淵のブログです。主に Xamarin に関するエントリーをアップしていきます。(なるべく正しい有益な情報を掲載していきたいと考えていますが、このブログのエントリーは所属組織の公式見解ではありませんのでご注意ください)

JXUGC#6 東京開催しました&少し喋りました

Xamarin お知らせ JXUG

こんにちは。エクセルソフトの田淵です。

2015/10/3(土) に 第6回 Japan Xamarin User Group Conference 東京 / JXUGC#6 を開催しました。

開始直後:
f:id:ytabuchi:20151003130425j:plain:w450

懇親会:
f:id:ytabuchi:20151003183528j:plain:w450

お礼

今回ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!特に遠方からお越しくださったり大変うれしく思います。

今回は事例スペシャルとして、既に Xamarin を利用していただいている会社様に発表をしていただきました。事例紹介いただいた

の皆様、ありがとうございます。厚く御礼申し上げます!!

その他、無理にお願いしてしまいましたが、個人として開発、セッション、LT をしていただいた @matatabi-uxさん、SIN/札幌ワークスさん、綾瀬ヒロさん、黒澤さん、川崎さん、ありがとうございました!

ストリーミングの録画を含む、公開出来る資料は 第6回 Japan Xamarin User Group Conference 東京 - 資料一覧 - connpass にアップしてありますので、是非ご覧ください。

データ

登録者数 73名 / 実参加数 65名 (参加率 90%) アンケート回答数 43

f:id:ytabuchi:20151005111155p:plain:w450

所感

個人として喋って頂ける方が常連さんだったこともあり、全体の雰囲気はフランクな感じで出来ましたが、内輪の盛り上がりみたいになって一見さんが入りにくい空気になってしまったかもしれません。全体の空気感も皆さんが楽しんで頂けるような場にしていかないとな。と反省しています。それが「是非参加したい」が半分で「機会があれば参加したい」が30%弱もいるというところに出てしまっているかもしれません。

参加者皆さんが交流できて、かつ、Xamarin は有償のツールで技術ではないので、参加者の皆さんが次のビジネスにも役立てていただけるような場にしていきたいです。

後、登壇者の皆様に Xamarin を導入するための障壁をクリアするには?をお伺いしたところ、現時点では 会社、部門、上司の方が新しいもの好きか理解のある方 というのが必須条件という結論になってしまいましたw 大きな導入事例とかを紹介して、あそこが使ってるならウチも… みたいな状況にしていきたいですねw

引き続き啓蒙活動を行っていきますので、皆さまご支援のほどお願いいたします!

次回は

こんな感じで予定しています。平日にやってほしいというリクエストもありましたので、木曜日あたりの夜にしようかなと。

イベントスタッフ募集します

今まではほぼ私1人と弊社から人手を出していましたが、人が足りなくて登壇者の方にお手伝いいただいたり申し訳ない状況が続いています。ですので、

  • イベントページを作ったり修正したり
  • 参加できる時は会場に早めに来て、会場のセッティングやビラを設置したり諸々の準備をしたり
  • 受付をしたり
  • 登壇者の方に伝達事項を伝えたり
  • 懇親会の手配や先導をしたり
  • 会計処理だったり

そういった諸々の処理を一緒にやって頂けるスタッフの方を募集させてください。

やってもいいよ!って方は @ytabuchi まで@かDM頂けると嬉しいです。@masatoruさんは参加済み!

Xamarin 気になった方は

是非 ダウンロード(直接) / ダウンロード(弊社経由) して触ってみてください。 学習用リソースJXUG リンクページ に参考資料を纏めてますので併せてどうぞ。

Xamarin の情報が欲しい方はこのブログも購読いただいたりすると嬉しいです。

以上です。