読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xamarin 日本語情報

Xamarin(ザマリン) の代理店だったエクセルソフト田淵のブログです。主に Xamarin に関するエントリーをアップしていきます。(なるべく正しい有益な情報を掲載していきたいと考えていますが、このブログのエントリーは所属組織の公式見解ではありませんのでご注意ください)

LINQ で任意の文字を含む/含まないコレクションを作成するメモ

Xamarin

こんにちは。エクセルソフトの田淵です。

LINQ のメモです。後で NGワードを変更出来るようにハードコードから変更しました。

from x in EVENTS
where !(x.title.Contains("恋活") ||
    x.title.Contains("婚活") ||
    x.title.Contains("パーティ") ||
    x.title.Contains("Party") ||
    x.title.Contains("副業") ||
    x.title.Contains("起業") ||
    x.title.Contains("グルメ") ||
    x.title.Contains("カップル") ||
    x.title.Contains("コンパ") ||
    x.title.Contains("見合い") ||
    x.title.Contains("合コン") ||
    x.title.Contains("街コン"))

こんなの恥ずかしい><
先日教えてもらった LINQ で Any とラムダ式使って簡単に書く方法で乗り切りました。

string[] ngArray = { "恋活", "婚活", "パーティ", "Party", "副業", "起業", "グルメ", "カップル", "コンパ", "見合い", "合コン", "街コン" };
var ngWords = new List<string>(ngArray);

from x in EVENTS
where ngWords.Any(y => !x.title.Contains(y))

スッキリ!これで後から List に追加も出来ますね。

LINQラムダ式、難しいですけどなるべく簡潔に書きたいですもんね。頑張って勉強していきます。

Xamarin 気になった方は

是非 ダウンロード(直接) / ダウンロード(弊社経由) して触ってみてください。 学習用リソースJXUG リンクページ に参考資料を纏めてますので併せてどうぞ。

Xamarin の情報が欲しい方はこのブログも購読いただいたりすると嬉しいです。

以上です。