読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xamarin 日本語情報

Xamarin(ザマリン) の代理店だったエクセルソフト田淵のブログです。主に Xamarin に関するエントリーをアップしていきます。(なるべく正しい有益な情報を掲載していきたいと考えていますが、このブログのエントリーは所属組織の公式見解ではありませんのでご注意ください)

Android M Deleloper Preview の x86 エミュレーターでは Map が使えます (だけではない)

こんにちは。エクセルソフトの田淵です。

Android M Developer Preview で追加された

など、気になる点は多いですよね。開発者向け情報は Google I/O 2015で公開されたAndroid M Developer Previewのまとめ | Tech Booster が詳しいと思います。

で、触っておこうかと思い実機にインストールしました

こんなことになりますので、最初は Emulator からでも良いかもしれません。

SDK を最新版にアップデート

Android SDK Manager を開いて SDK を最新版にし、Android M の SDKIntel x86 Atom System Image を入れておきましょう。画像のチェックが入ってる部分です。

f:id:ytabuchi:20150605153119p:plain:w450

Android M Developer Preview Emulator 作成&起動

f:id:ytabuchi:20150605153438p:plain:w450

で、起動して良く見ると、マップ があるじゃないですか!

f:id:ytabuchi:20150605154338p:plain:w300

f:id:ytabuchi:20150605154403p:plain:w300

f:id:ytabuchi:20150605154411p:plain:w300

アカウント作ってログインできますし普通に使えます!おー素晴らしい!

と思ったのですが

Google API System Image とは

どうやらいくつかの API に用意されている Google API System Image というのに マップ が含まれるだけのようです。

f:id:ytabuchi:20150605154536p:plain:w300

左が x86 Google API 5.1 イメージ、右が x86 M Deleloper Preview イメージです。 f:id:ytabuchi:20150605154457p:plain:w450

一応 Emulator でも Map アプリの確認は (めっちゃ重いけど) 出来ますよ。ということでした。

以上です。