読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xamarin 日本語情報

Xamarin(ザマリン) の代理店だったエクセルソフト田淵のブログです。主に Xamarin に関するエントリーをアップしていきます。(なるべく正しい有益な情報を掲載していきたいと考えていますが、このブログのエントリーは所属組織の公式見解ではありませんのでご注意ください)

Xamarin のエディションについて

こんにちは。エクセルソフトの田淵です。

ご質問いただくことが多かったのですが、まだエントリーを書いていなかったと思いますので、各エディションの違いについて纏めます。

Starter / Indie / Business の違い

この図は皆さんご存じ Xamarin ページの比較表 です。左から Starter / Indie / Business / Enterprise となっています。

f:id:ytabuchi:20150128163049p:plain

Starter

無料のエディションです。Mac/Windows の Xamarin Studio で、ログインしない状態だと Starter になります。

  • 生成するアプリサイズ (Mono ライブラリなどを除いたものだと思われます) が 128KB 以下という制限があり、例えば Xamarin.Forms も使用できません。

Indie

個人開発者または 5名までの会社で利用できるライセンスです。申し訳ございませんが、弊社 エクセルソフトでは扱っておりませんので、直接 Xamarin からクレジットカードでご購入ください。またサポートが付いていないので、フォーラムStackoverflow などで自己解決いただく必要があります。

  • アプリサイズの制限がありません。(Xamarin.Forms を利用できます。)
  • Xamarin Studio でのほぼ制限のない開発ができます。
    • Visual Studio アドオンは付いていません。
    • Windows 版 Xamarin Studio は Android アプリしか開発出来ません
    • そのため、開発環境としてはほぼ Mac に限定されます。
  • 年払い、月払いのプランを選べます。
    • 月払いは完全 Subscription でライセンスを停止している月はビルドも出来ないようです。
    • 年払いは(確認していないのですが、今までは) 永続ライセンスでしたので Subscription が切れるとバージョンアップは出来ませんが、ビルドは出来る状態のはずです。

Business

法人での利用に適したお勧めのライセンスです。Indie に追加して 3つのオプションが使えるようになります。

  • Visual Studio での開発が出来ます。
  • ビジネス向け機能が使えるようになります。
  • Email サポートが付きます。(弊社からご購入頂ければ日本語のサポートを提供します)

ビジネス向け機能とは

Enterprise

  • Business の機能に加えて、Xamarin による素早いサポートが提供されます。
  • $1,000 相当の SQLCipher が付いてきます。
  • Technical Account Manager が付くようです。

と素早い回答が得られるのが主な利点ですが、Business でも十分に速いので何とかなるのではないでしょうか。

Xamarin 気になった方は

是非 ダウンロード(直接) / ダウンロード(弊社経由) して触ってみてください。 学習用リソースJXUG リンクページ に参考資料を纏めてますので併せてどうぞ。

以上です。