読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xamarin 日本語情報

Xamarin(ザマリン) の代理店だったエクセルソフト田淵のブログです。主に Xamarin に関するエントリーをアップしていきます。(なるべく正しい有益な情報を掲載していきたいと考えていますが、このブログのエントリーは所属組織の公式見解ではありませんのでご注意ください)

話題の Dev Center ベネフィット で、無料で Windows Phone 開発者登録が出来ました

こんにちは。エクセルソフトの田淵です。

Xamarin.Forms の関係でやはり Windows Phone 開発者アカウントも欲しいなと思っていたところに、以下のプログラムが開始されたとのニュースが入ってきましたので、早速個人として登録してみました。

Dev Center ベネフィット | MSDN
Windows ストア アプリと Windows Phone アプリを開発しようとしている皆様へ 開発時の技術支援を受けられる "無料" の支援プログラム (開発者登録の初期費用も無料に!)

因みに、先日 Nokia Lumia 636 を入手しましたので、実機で動作確認するチャンスでもあります。

f:id:ytabuchi:20141117115853j:plain

登録の流れ

基本的には、Dev Center ベネフィット | MSDN のページ下部にある PDF の手順の通りに進めていけば大丈夫です。

注意点として、このプログラムに参加するには、「90日以内に Windows Store アプリまたは Windows Phone アプリをリリースすること」という規約があります。

f:id:ytabuchi:20141119180045p:plain

恐らく 90日過ぎてもリリースしないと権利が剥奪されるのだと思います。頑張らなくては!

登録が完了すると Dev Center からクーポンが発行されるので、そのクーポンを利用して 0円で開発者登録ができます。

f:id:ytabuchi:20141119180235p:plain

やったね!

f:id:ytabuchi:20141119180323p:plain

これで Windows Phone 実機にもデプロイできます。

Windows Phone の実機は開発者アカウントと紐づける必要があるようですので、Windows Phone 8 で電話を開発用に登録する方法 を参考に Windows Phone Developer Registration ツール を使用してロックを解除しました。

f:id:ytabuchi:20141119180605p:plain

登録を解除すると Windows Phone デベロッパーセンター でも実機が登録されていることを確認できます。

以下は Xamarin.Forms ではなく普通の Windows Phone アプリですが、実機へのデプロイも問題ありませんでした。(実機の画面を PC に表示するのは Windows Phone 8.1 の画面出力機能とは? - 高橋 忍のブログ - Site Home - MSDN Blogs を参照しました。)

f:id:ytabuchi:20141119180853p:plain

次はあたなだ

Visual Studio 2013 Community も発表されたことですし、これであなたも Windows Store/Phone の開発者になれますね!

出来ればもうすぐリリースされる Xamarin Starter for Visual Studio Community (勝手に命名) も使って、iOS/Android/WP のアプリを作ってみてください。

以上です。