読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xamarin 日本語情報

Xamarin(ザマリン) の代理店だったエクセルソフト田淵のブログです。主に Xamarin に関するエントリーをアップしていきます。(なるべく正しい有益な情報を掲載していきたいと考えていますが、このブログのエントリーは所属組織の公式見解ではありませんのでご注意ください)

学生向け Xamarin 無料プログラムのページを公開しました

こんにちは。エクセルソフトの田淵です。

学生向けのページが新しくなっていますので、情報を更新しました。

ytabuchi.hatenablog.com

先週話題になった学生向けの Xamarin 無料プログラムについて、日本語ページを公開しました。

Xamarin for Student (学生向けプログラム) - Xamarin INDIE 版を学生に無償提供 : XLsoft エクセルソフト

以下伝聞情報ですが、追加情報です。

2015/7/6 追記:

DreamSpark について

DreamSpark ユーザーは Xamarin Business を Visual Studio と一緒に使えるようです。

Xamarin Platform for Student

いわゆる普通の「学生向け無料 Xamarin」で、INDIE のライセンスが使用できるようになります。Xamarin の Web ページで、以下の情報を入力した後で、Xamarin の担当者とメールでやり取りをするようです。(当初あった State のフォームが消えましたw) 学生証、卒業見込みの書類などが必要でかなりちゃんとした審査の上でライセンスが発行されるようです。

所属している学校のメールアドレスで申し込む 事が余計な手間をかけないポイントっぽいです。

Xamarin Student Ambassadors

Xamarin を学生向けに広めていただけるアンバサダー (Xamarin 大使) プログラムです。Xamarin でアンバサダーに求めている点として

  • Excellent written and verbal communication skills
  • Passion for building mobile apps in C#
  • Your code on GitHub
  • Experience developing apps for iOS, Android or Windows is a bonus

などと、かなり高いスキルと活動が求められるようです。アンバサダーには Business のライセンスが提供されます。

Xamarin Empowers Educators

講師向けのライセンスのようです。支援となっているので、無料ではないと思われます。

是非

なお、これらのプログラムの申請は英語で Xamarin に直接問い合わせていただく必要があります。それでも多少の手間で無料で Xamarin が使えるようになるのは大きいので、是非頑張って申請してみてください。

今日 2014/11/13 の未明に発表された Visual Studio Community Edition も学生、個人開発者、研究目的、5名以下の企業などが無料ですので、VS + Xamarin INDIE が連携できるようになるのであれば (まだ調べてません。STARTER は使えます) かなり楽しいことになるかと思います。

2014/11/27 追記:

VSCE2013 と Xamarin Indie ライセンスは動作しません に書いたように、VSCE2013 では Starter は使えません。学生さんで Visual Studio で Xamarin を使いたい場合は、もしかすると Xamarin Empowers Educators の一環で今まで通り $99 で Business のライセンスを購入できる可能性があります。
How do I share code across platforms with Xamarin? and other FAQs - Xamarin をご参照ください。

以上です。

Xamarin 気になった方は

是非 ダウンロード(直接) / ダウンロード(弊社経由) して触ってみてください。 学習用リソースJXUG リンクページ に参考資料を纏めてますので併せてどうぞ。

Xamarin の情報が欲しい方はこのブログも購読いただいたりすると嬉しいです。

以上です。